立山三峰+1山


というわけで、昨日のリベンジ

今年も「富山県民感謝デー」を利用して、立山登山へ行ってきた
立山黒部アルペンルート内の運賃が3割引になるし、
富山地鉄電車の運賃も少し安くなる
それが今日までだった

今朝はまずまずの天気になった
まあ、出発さえしてしまえば、立山でに降られたことは何度もあるし

まずはコンビニで昼食を調達して、最寄駅へ

ちょうど電車がやってきた
おっ、おけいはん

  P8310001a-1.jpg  普通滑川行5レ

ということは、立山行はおけいはんを期待してたが、ダメだった

続いて、

  P8310002a-1.jpg  普通宇奈月温泉行107レ(172+14722)

珍しいのが続けて行った

で、乗車する305レは、
ありゃ、アルプス姐さんだよ

  P8310005a-1.jpg  初乗車


しかし、この「立山」という単純な駅名、いつまでもなじめないねぇ
確かに玄関口とかその辺一体を総称して表したいんだろーけど、そこが立山じゃないし

某終点「新島々」を「上高地」(シャトルバスは「上高地駅-上高地」? ややこしい)とか、
「穂高」(JR大糸線に同名あり)とするようなもん

例えば立山登山口とか昔の千寿ヶ原の方がいいと思うのは歳のせいか


閑話休題

今回は、今までより1本(1時間)早い
なぁ~んでかっ?

車内で通路を挟んだ席の岳人が「剱岳はどれか?」と声を掛けて来た
あいにく雲がかかってて見えなかった

東京からの人で、夜行高速バスで今朝着いて、この電車に
室堂から剣山荘へ行き、裏から剱岳をアタックし、黒部峡谷阿曽原温泉から黒部峡谷鉄道、
富山地鉄と乗り継いで魚津から東京へ帰るって
その割りにゃ軽装で、荷物も世話人より少なそうだったが

いつも大町側から入山してるので表側は見たことがないそうだ
映画『劒岳 点の記』も観たって

電車はちょうど岩峅寺
この駅が富山駅としてロケした場所だと紹介した

それに、山々の話の中で旧大山町の賢人播隆上人のことを知ってらしたのは驚いた
さすが岳人

7時30分立山駅に到着
ドアが開くと同時に立山ケーブル等のきっぷ売り場へ猛ダッシュ

  P8310063a-1.jpg  窓口は空いてて、直近の7時40分発のケーブル乗車を確保

  P8310006a-1.jpg  この場所、電車利用者には遠く、不便

  P8310007a-1.jpg  7時40分発074便(2)

7時47分美女平に着いたら、今度はバス乗り場へダッシュ
改札口1番乗り

  P8310009a-1.jpg  8時00分発室堂行臨時直行バス

一番前の1人席を確保
8時01分発車

途中、称名滝、鍬崎山、薬師岳などを眺めながら、8時46分室堂
ここで、東京の岳人とお互いの無事を祈り合い、別れた

8時53分登山開始
天気は曇りで視界はイマイチだが、カンカン照りや雨が降るよりマシかも

  P8310012a-1.jpg  山頂はガスって見えない

登山者は少なく、辺りは静寂に包まれてた
聞こえるのは重機のような音だけ

遠くからでも地獄谷の噴煙を確認でき、硫黄のイオウな臭いまで漂ってる

いつものことながら、一の越までの不自然に整備、固められた登山道は歩きにくい
これがいつしかハイヒールでも登れるといううたい文句になった要因だな

今の今まで一度も気が付かなかった「祓堂」

  P8310017a-1.jpg  9時21分お参りして通過

  P8310018a-1.jpg  目標物が見えると一気に疲れ、脱力感が出るのは何でだろう

いっきゃー(息は)切れるは、心臓はバクバクで口から出そう

  P8310019a-1.jpg  9時31分一の越到着

リュックを担いでる背中だけぐしょぐしょで、絞ったら大量に滴が出るぞ
血液はドロドロだろーな

小休憩の後、9時42分登頂再開

途中で、福井県消防学校と書いてある制服を着た一行57人が下山してきた
女子もいる
新人研修だろーか?

10時05分三の越通過

  P8310021a-1.jpg  10時21分雄山神社社務所前到着  気温13度

  P8310024a-1.jpg  雄山山頂(3003m)でお祓い、祈願を

  P8310026a-1.jpg  ガスで社務所すら見えない

  P8310072a-1.jpg  社務所でご朱印をもらう

今年はさらに先へ足を延ばすべく、初トライしてみた
10時45分岳人しか歩かないよーな険しい登山道を歩く

  P8310030a-1_20120901064647.jpg  11時00分最高峰大汝山(3015m)に到着

さらには富士ノ折立(2999m)へ
11時10分ここだと思われるところに到着したが、世話人1人しかいないしはっきりわからない

  P8310034a-1.jpg  この山?   天気がよかったら、登ったかも

まぁ、一応これで総称立山三峰を制覇したことにしとこ

11時30分大汝山の大汝休憩所へ戻る

  P8310036a-1.jpg  ベンチで昼食を摂り、12時05分出発

  P8310041a-1.jpg  大汝山付近から、室堂、雷鳥沢を望む

12時15分再び雄山神社社務所前到着
小休憩し、12時30分出発

12時40分三の越通過

  P8310044a-1.jpg  一の越が見えてきた

12時56分一の越を通過し、室堂への不自然な登山道を下り始めたが、
斜めになったコンクリートの急坂道はかかとを引っかけるところもなく
足の体勢に無理がかかり痛めそうな気がしてきた

無理は禁物で、時間もまだまだたっぷりあることだし、
浄土山へ登り室堂へ下りてみることにして一旦一の越へ引き返した

13時06分浄土山へ向けてコース変更
こっちにも急坂があるが、自然の登山道の方がずっと登り易い

  P8310045a-1-1.jpg  13時32分富山大学立山施設(観測所?)通過

  P8310046a-1.jpg  浄土山付近から見た雄山方面だが、登山者はほとんどいない

13時46分浄土山到着

  P8310047a-1.jpg  と言っても標や看板はなく、この辺一体か?って

ここでも何の音も聞こえず、たまに重機のような音だけが
と思ってたら、雄山から神社のたいこの音が響いてきた

14時00分室堂側へ下山開始
こちら側は急坂で噴火時の大きな岩石、ガレキがゴロゴロ
にもかかわらず、何人もよじ登ってくる
文字通り、ファイトー、いーっぱぁーつの世界だよ

  P8310049a-1.jpg  こちら側からは登りたくないよ

ガレキの登山道を下ったが、途中からはまたあの不自然に固めた登山道に

  P8310052a-1.jpg  室堂平で一瞬だけ山頂が姿を現し、すぐにガスが

15時05分室堂到着 

売店などを覗いたりしたが特にすることもないのでバス乗り場へ行ったらまた誰もいない
一番先頭で待つことに

  P8310053a-1.jpg  15時30分発直行美女平行

また一番前の1人席をゲット
40人しかいなかったので、全員乗車したら15時29分発車

車内で少し寝てしまい、16時13分美女平到着
すぐにケーブルの改札へ

  P8310054a-1.jpg  16時20分発便名確認漏れ(1)

立山16時27分着

と、ここまではトントン拍子に下りてきたが、電車は17時19分までなかった

  P8310056a-1.jpg  普通電鉄富山行338レ(14765+14766)

あれっ? 岩峅寺で不二越上滝線に10020型の姿が

  P8310057a-1-1.jpg  普通電鉄富山行636レ(10025+10026+174)

今まででもたま~にこの時間に走ってるよ

寺田で接続待ちのため最寄り駅3分延で到着

  P8310061a-1.jpg  きっぷは記念にもらってっと

残念ながら眺望は望めなかったが、天気はまずまずだったし、
事故もなく下山できたのが一番の何よりだった
次回はどこをトライしようか

家に帰ったら、腕や顔、首が真っ赤に焼けてた
曇りのほうが紫外線強いってゆーし

で、下界はが降った跡が

スポンサーサイト
プロフィール

moha16010

Author:moha16010
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
547位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR