立山縦走登山


毎年8月下旬に行っとる立山登山

 003-1.jpg いつも富山県民感謝デーを利用

 いつもなら空いとる平日に行くとこだけど、今年は始まった途端天候不良が続いて、
 なかなか行けんかった
 が、富山県民感謝デーは今日まで

たまたま早朝に起きたら天気は悪くなさそーながで、居ても立っても居れず登山に行くことにした
思い立ったら吉日
ただし、日程の関係で日帰り

あわただしく準備をして、早々に家を出た

*******

いつもなら富山地鉄電車の3割引きを利用するとこだけど、今回はこれ

 P1020136-1.jpg いやー、助かっちゃ

 P1060020-1.jpg 普通立山行305レ(←乗・14774+14773)1分延

 立山あーとれいん(らいじい)号
 また、車両が元に戻ったがか? 2編成おるがか?

 夏休みラストサンデーの予想に反して車内はガラガラ

7時16分に立山駅に着いたら、猛ダッシュでアルペンルート側の切符売り場へ

 P1060024-1.jpg 長蛇の列

 ケーブルカーは3本後の8時00分発80便だった

 コンコースで、富山県民(感謝デー切符)に限り記念カードを配っとった

 P1060139-1.jpg 以前やっとった京阪3000系の記念カードみたいなもんか

 P1060025-1.jpg 立山ケーブル2号許可を得て立入り範囲外から

 P1060026-1.jpg 定員制だけど、乗ってみればまだまだ余裕が

美女平駅に着いたら、再び階段を猛ダッシュで駆け上がって、高原バス乗り場へ

臨時直行便、8時11分発車

 バスの中では爆睡  
 8時55分

 P1060029-1.jpg 富山 230 あ ・2 10許可を得て立入り範囲外から

 (美女平では即発車したため、室堂到着後撮影)

9時00分、登山スタート

 P1060031-1.jpg 天気は上々・・・・、と期待したけど・・・・

 ケーブルやバスは臨時便でまで対応しとるけど、それほどの人じゃない

いつもながら、急坂までもが不自然に固められた登山道には泣かされる

 P1060036-1.jpg 9時28分、祓堂通過

 P1060038-1.jpg 目標物が見えると、一気に脱力感、疲れが

 P1060039-1.jpg 9時37分、一の越到着

小休憩後、9時45分、出発

 P1060044-1.jpg 10時22分雄山(神社社務所前)到着

 P1060047-1.jpg 山頂で御祓い後、御神酒をいただく

 P1060048-1.jpg 山頂から社務所前を望む

 周りはガスで真っ白

 003-3.jpg 御朱印

10時45分、この先の大汝山へ向かう

 P1060052-1.jpg 途中で振り返って見れば、雄山山頂はガスの中

 P1060055-1.jpg 11時00分大汝山山頂に到着

 P1060060-1.jpg 直下の菫小屋(大汝山休憩所)

 P1060062-1.jpg 映画春を背負っての撮影に使われた表札

ここで昼食を摂り、11時30分、出発

 P1060063-1.jpg 11時37分富士の折立に到着

 今まで何度も下は通っとるけど、その都度悪天候で登頂は断念しとった
 が、今回はトライすることに

 険しい岩肌をよじ登る様は、まるでロッククライミング調
 一緒になった岳人たちと励まし合いながら山頂へ

 P1060067-1.jpg 11時43分、山頂のプレートを見つけて喜びを分かち合う

 誰が作って持って来たがか、かわいいプレート
 重かったぞ
 奥の山が大汝山

11時48分、出発したけど、下りるがも一苦労

 P1060071-1.jpg ガスの中、縦走を続ける

 ここ、何度来ても天気に恵まれたことがない

 P1060074-1.jpg 12時11分、真砂岳手前の大走り分岐点

 P1060078-1.jpg ここから雷鳥沢へ下る

 が、ガレキのジグザグ道が延々と続き、結構ハードかも
 ここ、下からは登りたくないなぁ~

 P1060081-1.jpg 賽の河原、じゃない称名川源流が見えてきた

 P1060083-1.jpg 浄土橋を渡る

 P1060087-1.jpg 13時15分、雷鳥沢キャンプ地を通過

ここからがさらにハード
また歩幅の合わん不自然な階段を上ったり下ったり

 P1060089-1.jpg 地獄谷

途中で、その登山道とゆーか遊歩道の整備が

 P1060091-1.jpg  

 富山県のロクでもない設計とそれを施工する業者
 こんなが、設計図はあってないに等しいだろーし、関係者は実際に歩いたことあるがやろか

 石をテキトーに並べて、ヘタに整備してほしくないのぉ
 そもそも、地面の方がクッションになって、足への負担が軽減されるがやけどっ

13時32分、雷鳥荘通過

13時51分、みくりが池温泉通過

整備し過ぎの登山道のせいで足が棒のよう

 P1060105-1.jpg 途中で雷鳥が2羽(画面両端)

 ナチュラリストが通行人に盛んに声を掛けとった

14時03分、室堂ターミナルに戻ってきた
これで所要5時間は早かったかも

 002-11.jpg ルートを確認してみてちょ

 P1060108-1.jpg 玉殿の湧水でのどを潤す

 んー、黒部の箱根清水の方がんまいかも

混雑度が分からんため、とりあえず間に合うバスに乗るべく、乗り場へ急ぐ
目の前で定員になり、次バスに

 P1060110-1.jpg 富山 230 あ ・6 22許可を得て立入り範囲外から

 臨時直行便、14時30分、発車
 また爆睡

15時10分に着いた美女平はガスの中

ケーブルカー乗り場へ急ぐも、また目の前で1本待ち

 P1060113-1.jpg 立山ケーブル1号(折返しの入線時)

 14時29分、発車

富山地鉄電車乗り場へ行くと、約40分待ち

 P1060117-1.jpg アルペン特急宇奈月温泉行AP3号(14772+14771→)

 P1060121-1.jpg 普通電鉄富山行338レ(14774+乗・14773→)

 朝とおんなじだ
 あ゛ーっ、折返しになる331レで到着したとき、AP3号と一瞬並んだし
 そのとき、2階で休憩しとった

 P1060123-1.jpg 「らいじい」のアップを

このまま帰るのも何だから経路を変えてみることにして、岩峅寺から上滝線に乗車

 P1060126-1.jpg 交換の普通立山行き335レ(10041+10042→)

 P1060128-1.jpg 普通電鉄富山行632レ(←乗・10037+10038)

 P1060131-1.jpg 構内に真新しいPC枕木や木製枕木が

 このPC枕木、新しいタイプか?

FS510台車に揺れに揺られて、稲荷町で乗り換え

 P1060137-1.jpg 普通上市行1042レ(←10040+乗・100392分延

 DT32系台車でも、こいっつぁー乗り心地がいいがやちゃ(DT32A台車)

最寄り駅に2分延着し、無事帰宅っと
速攻で、銭湯(公衆浴場)へ

来年はまた1泊で縦走したいのぉ~

(※本文中の画像は、クリックすれば大きく見れます)

スポンサーサイト
プロフィール

moha16010

Author:moha16010
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
547位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR